Column

コラム

建設業の集客方法を徹底解説!下請けから直請けへ!

2021/06/23
建設現場
  • 仕事の依頼を増やしたい...
  • 集客方法がわからない...
  • ホームページやネットに関して疎い...

建設業の方で集客方法がわからないと悩みでお困りの担当者も多くいらっしゃると思います。

建設業の集客として昔は、新聞の折込チラシやDM、訪問営業、紹介などで集客を行うことが主流でした。

ですが、現在はパソコンやスマートフォンの普及により、インターネットを使用して情報を集めて依頼をするのが主流になりました。

「建設の依頼をしたい」
「建設業者を探している」

とどこに頼もうかとネットで「地域名+建設」や「地域名+建設+○○」で検索をして、出てきた検索結果の中から建設業者を探してお問い合わせをされます。

ですが、過去に比べてインターネットの普及や競合会社の増加により、他の会社に埋もれてしまったり、どのようにネット上で対策をすれば良いのかわからず、直接の依頼がなかなか増えない為、多くの建設業は、大手の下請けに回ってしまい、利益が伸び悩んでいる担当者の方も多数いらっしゃいます。

今回は集客に関してどうすればいいのか分からないと悩まれている建設業に対して、それぞれの集客方法のメリット・デメリットをまとめましたので解説していきます。

ポータルサイト・見積もりサイト

特徴

多数の建設業が掲載されているサイトに登録をし、掲載してもらう集客方法。

ポータルサイトの「ポータル」には「入り口」といった意味があり、一番最初のお問い合わせとしてお客様からのご相談が頂きやすいサイトになります。

見積サイトも同様に「入り口」として複数の建設業に対して見積を依頼することができます。

どちらも建設業を探している方が依頼・相談をするために見られることが多いですが、競合が多ければ多いほど、他社様との差別化やブランディングができるかが勝負となります。

また、ポータルサイトも見積サイトも複数の建設業に見積りや相談ができるので、ご依頼内容の相場や価格が分かりやすく、費用を比較されたいとお考えのお客様からのご依頼が多いのも特徴です。

メリット

・求めている方に見てもらえるので問い合わせに結びつきやすい
・一度に複数の業者が見れるので探す手間が省ける
・複数の業者から情報を得られる
・相場や価格を比較しやすい

デメリット

・莫大な量のポータルサイトがある
・掲載されている建設業と比較される
・相見積もりをとられるので単価が下がる

ホームページ制作

特徴

WEB上に自社の看板となるホームページを制作し、見てもらうことにより、興味を持ってもらい、お問い合わせにつなげる集客方法。

今ではインターネットの普及により、どの建設会社でもホームページを持つのが当たり前の時代になりました。

ホームページはお問い合わせにつながる集客方法の一つですが、お客様からの信頼を得る方法の一つでもあり、会社の強みやコンセプトなどの様々な情報を制限なくお客様に届けることができます。

例えば、実際に検索されている「エリア 建設」「エリア 建設 ○○」などのようなキーワードに応じてGoogleやYahooの検索結果の上位表示させるSEO対策をおこなうことで、お客様に情報を届けることができます。

またホームページからのお問い合わせは、上記のキーワードのように建設業をお探しのお客様からのお問い合わせになるため、ニーズがないお客様にあたることも少なく、ご契約につながりやすいのも特徴です。

ホームページを制作し、SEO対策をしてしまえば、365日間継続的にお客様にアプローチをし続け、お問い合わせや相談を受け付けてくれます。

メリット

・自社でホームページ制作すれば無料
・ホームページを使った集客方法の知識があれば広告費用を抑えられる
・ホームページを持つことで会社の信頼にもつながる
・建設業をお探しのお客様からのお問い合わせや相談のため、ご契約につながりやすい
・営業マンを雇わず、365日お客様にアプローチをしてくれる

デメリット

・自分で制作する場合は知識と時間が必要になる
・ホームページの制作会社を選ぶのが難しい
・デザイン性に欠ける
・作っただけでは見てもらえないので問い合わせに繋がらない
・お客様に見てもらうためには上位表示させるためのSEO対策が必要

株式会社ティーエルマーケティングでは塗装業のホームページ制作の多数実績があり、

  • ホームページの作り方がわからない
  • ホームページを作ったけど反響がない
  • SEO対策の方法がわからない
  • 集客がしたい
  • 下請けではなく、直請けを増やしたい
  • 自社の強みの打ち出し方が分からない

などのお悩みを解決してきています。
また、SEO対策では

市町村名 建設業 1位

での上位実績もあり、ご反響を頂いております。

無料相談をおこなっておりますのでお気軽にご相談ください。

SNS

建設現場

特徴

Instagram、Twitter、Facebook、LINEなどのSNSを使った集客方法です。

建設業や会社自体に関心がある方に情報を届けることはもちろんですが、ホームページやポータルサイトとは異なり、建設業を現状では求めていない方へのアピールもすることができるので潜在的な見込みのお客様へアプローチが可能です。

会社の情報の発信のツールやブランディングなどで活用されている建設業者も多く、これまでの施工実績や会社の特徴、雰囲気なども伝えやすく、お客様とのコミュニケーションツールにもなります。

実際にSNSでお店や業者を探す、または会社の事を調べてる方は多く、SNSの強みとしては情報の拡散力で様々な方々に情報を届けることができます。

メリット

・拡散力があるので様々な人に知ってもらえる
・基本的には無料で運用できる
※SNS広告を使った場合は除く
・リアルタイムで情報の更新が可能なこと
・写真や動画を使い、会社の雰囲気を知ってもらえる
・会社のブランディングや信頼にもつながる

デメリット

・運用方法に知識が必要
・投稿する内容がないと更新が続かない
・更新が続かないと不信感につながることもある
・情報の発信に魅力的な内容にする必要がある
・思わぬことで炎上するリスクがある

その他

MEO

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称でGoogleマップエンジンの最適を行うことで、ローカル検索順位を高め、ユーザーがGoogleマップ上で目的の場所・業者を探しやすくするための集客方法です。

建設業をはじめ、地域型のサービスを展開されている店舗・業者には集客効果が高く発揮されます。

特徴としては、誰でも無料で始められることやGoogleに登録されることにより信頼性にも繋がること、SEO対策による上位表示が困難な中で、MEO対策は正しい情報や日々の更新により、SEO対策より上位表示されやすい傾向があります。

また、近年スマートフォンの普及により、これまで以上にGoogleマップの使用が増加されたので、建設業の集客方法としても十分に集客が期待できます。

ですが、上位表示をさせるのには、やはり日々の更新や時間、正しい知識が必要になります。

口コミ、紹介

施工後のお客様からの口コミや紹介で別のお仕事のご依頼としてつながる集客方法です。

実際に施工されたお客様からの口コミ紹介なので信頼感があり、さらにそこから口コミや紹介をされることもあります。

口コミによる集客は、広告宣伝費の削減につながり、新規顧客やリピーターの獲得にもつながります。

まとめ

建設業でも様々な集客方法があります。

自社の地域や方向性、お考えに沿った集客方法を活用するのが良いと思います。

また1つだけに絞るのではなく、チラシとホームページやSNSとホームページ等のように複合的にかつ、オンライン・オフラインを合わせながら様々な人に知ってもらい、商圏範囲の中で認知度を高めていくことが必要です。

株式会社ティーエルマーケティングでは建設業の集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方は一度、ご相談下さい。

株式会社TLマーケティング

株式会社ティーエルマーケティング

SEO対策に必要な機能や設定がされたホームページを制作しており、多種多様な業種のホームページ制作実績が1,000社以上あります。
SEO検定1級やライティング検定1級、ウェブ解析士などの資格取得者が在籍し、集客・求人に関する課題を解決しています。

会社概要

この記事のタイトルとURLをコピーする